患 者 様 へ の ご 挨 拶 

院長 野原正那央
のはら整骨院(西宮 夙川)バイタルリアクトセラピー

 

はじめまして、のはら整骨院(西宮 夙川)院長の野原です。

 

病弱だった母が20歳の時に亡くなり、健康や命、日々の生活習慣に対する考え方がが大きく変わった学生時代。

 

整骨院を通して、ご縁のあるひとりでも多くの人々に、

健康を維持して、自分の人生を大いに楽しんで頂きたい。

そう思ってこの仕事をはじめました。

 

痛みの原因を根本から解消して、一生涯元気で動ける身体を一緒に目指して行きましょう!

 

祖父の代より鍼灸院・整骨院を営む家系に生まれた私は・・・

 

約30年前に生まれ育った大阪市西区で「のはら鍼灸院・整骨院」を開業しました。

 

当時はまだ整骨院の数も今ほど多くなくて、午前はお年を召された患者さまを中心に、午後からは主婦の方々、夕刻以降は会社帰りのOL・サラリーマン、学校のクラブ活動でケガをした学生さん…

わずか16坪の狭小整骨院ですが 1日の患者数は多い時は三桁に届く日もありました。 

 

そんな時代だったんですが開業後15年が過ぎた頃、ふと考えた事があります。たまたま今は多くの患者様にご来院いただいているが、いったい自分はプロとして何を治せているんだろうか・・・ 

本来、整骨院は骨折・脱臼・捻挫・肉離れなどのケガを治すことを専門とした先生であるのに、疲労快復が目的のマッサージが主流になる時代背景でした。ご縁のある ひとりでも多くの患者さまに全力を尽くして健康を快復して頂たい。

そして人生を楽しんでもらいたい・・・

 

私は考えた結果、最も効果的な治療方法として科学的なエビデンスと治療の再現性を兼ね備えた、このバイタルリアクトセラピーに出会い、プロの治療家としてその習得に15年間の修業を費やしました。

 

その間には、カンファレンス・セミナー・学会に出席するためにアメリカにも何度か訪れ、今では自信を持ってこの『最新のコンピューター医療機器』を使いこなせる技術までなり思いきって開業の場所も西宮市に移転しました。

 

生まれ育った大阪市西区の開業から30年、まったく新しい治療法に出会いその習得にかけた15年間であります。

 

「痛みの原因を根本から解消して、一生涯元気で動ける身体を目指そう!」 

 

このメッセージはそんなところから生まれています。

 

経営理念

私は、のはら整骨院の院長として、

患者様の 健康と、人生の 幸福 に貢献し、

社会に支持 される整骨院を、追求します!

 

ミッション

全国でいちばん、笑顔 を集められる整骨院になろう!